一般の予備校を選ぶメリット

将来の可能性が広がる

医学部を目指している場合、医学部への進学に特化した予備校を選ぶという方法のほかに、一般の予備校を選ぶという方法があります。医学部以外を目指す方も多く利用していますから、出会う仲間も多くなり、それぞれの違った考え方に触れるということも出来るようになります。医学部専門の予備校では医学部に進もうとしている人しかいませんが、一般の予備校ではそれ以外の進路を目指している方も多くいるのです。医学部以外の進路についても考えておきたいという方などは一般の予備校を利用することで、様々な情報に触れたり、仲間が出来たりするということになれば進路の考え方も変わってくることがあります。医学部だけにとらわれず広く考えることが出来るのがメリットと言えるでしょう。

利便性なども大きなポイントに

医学部専門の予備校は確かに医学部を目指すうえで効率的に学べるといえますが、数が少なく自宅から離れたところにしかないという事も多いものです。そのような場合、現役高校生では学校と両立することが難しくなりますし、浪人生などでも一人暮らしをするとなると多額の費用が掛かってしまいます。通学する場合でも長い時間がかかってしまうため、勉強時間が減ってしまうという事もあるのです。そういったことを考えると、家から無理なく通える範囲の一般の予備校を使ったほうが便利で、負担が少ないという事も言えます。勉強をするというだけであれば近くの予備校を選んだほうが、通学などにかかる時間を勉強時間にあてられるのでより効率的に勉強できるという事もあるのです。

医学部の予備校の個別指導は、志望校の入試に向けて自分のペースで学習を進めることができ、面接や小論文の対策も効果的にできます。